薬剤師転職












薬剤師転職サイトおすすめ







ファルマスタッフ



求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート
薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、
日本調剤グループが運営している転職エージェント




ファルマスタッフ 無料登録はこちら



http://www.38-8931.com/



リクナビ薬剤師



年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが
運営する「薬剤師専門」のサービス
「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、
ドラッグストア、製薬会社、病院など、希望を叶える
好条件求人を幅広くラインナップ




リクナビ薬剤師 無料登録はこちら



https://rikunabi-yakuzaishi.jp/




薬剤師WORKER



総合病院、大手薬局、ドラッグストアはもちろん、町の薬局、製薬会社など
常時20,000件を超える求人・非公開求人も多数あり
専任コンサルタントが薬剤師さんとの面談から病院・薬局との交 渉まですべてお任せできる
入職後のアフターフォローも万全・入社後万が一事前の条件と異なる場合など
担当コンサルタントが勤務先に連絡して 問題を解決



薬剤師WORKER 無料登録はこちら



http://www.pharmacist-worker.com/




薬剤師転職ドットコム




東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況
忙しさなど、『本当に知りたい情報』を提供できる。
一人一人の「納得」を1番の判断基準に提案できる求人




薬剤師転職ドットコム 無料登録はこちら



https://www.ph-10.com/




薬剤師専門の派遣・紹介【ファル・メイト】




薬剤師専門の派遣・人材紹介サービス。関東・関西を中心に
日本全国豊富な求人情報を提供
希望のヒアリングから案件の検索まで担当コンサルタントが対応
派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障
有給休暇や社会保障等の福利厚生も充実




ファル・メイト 無料登録はこちら



http://www.pharmate.jp/

























































薬剤師求人検索くん

結婚或いは育児といったいろいろな理由を元に、仕事を辞めてしまう方も数多くいますが、そのような方が薬剤師として再就職する時に、パートとしての勤務は本当に魅力的なのです。
現実的に薬剤師のパート求人サイトを利用するほうが、傾向として就労先選びで、うまく行かないという確率をかなり減少させることも適うと言われています。
待遇の良い薬剤師の求人がいっぱい増えることがあるのが、1月以降の時期の傾向です。ぴったりくる求人を手に入れるには、先を行く転職活動に入ることが大切であります。
その昔は、薬剤師・看護師は職にあぶれることのないものでしたが、これからは反対に買い手市場の状況に変わってしまうと思われます。薬剤師の増加、医療費の削減を受けて、給料削減になることなどが列挙できます。
時給や福利厚生が良いのは、薬剤師アルバイトのおススメ点。アルバイトであっても、正規社員と同様の仕事に従事するのも当たり前で、様々な経験を積むことが期待できるアルバイトではないでしょうか。
求人の詳細だけでなく、経営の状況や局内の状況といったことまで、キャリアアドバイザーが出向いて、雇用中の薬剤師さんにも話を聞いてみることで、新鮮な情報をみなさまにお伝えします。
日勤のアルバイトとしても時給は相当良い仕事であるものの、深夜に勤務する薬剤師のアルバイトであれば、一層時給がアップされて、3千円前後という仕事先もあんまり稀じゃないようです。
エリアマネージャーというような役職や地位に就くことになった場合には、給料を上乗せすることになるので、ドラッグストアに就職している薬剤師に関しましては、年収をあげることが可能なのです。
転職する、しないにかかわらず、単純に相談という形式で、求人サイトにコンタクトする薬剤師の方も多いと聞きます。これから転職サイトのコンサルタントを見つけて連絡してみてもいいかもしれませんね。
日本全国に展開をしているような大きな規模のドラッグストアにおいては、すごく条件の良い薬剤師を募集する求人を発信していますから、結構楽に探すことができる状態であります。
現状で、待遇に満足できない薬剤師が多数いるといえるが、現状より更に下がるはずだと考え、先んじて転職を頭におく薬剤師はとても数多くなっています。
「薬剤師として頑張ってきたキャリアが何十年もあります」というのを理由にして、転職をして年収をもっと増やそうと考えている場合は、現時点で勤めている場所でがんばり続けるのが賢明です。
転職求人サイトの登録会員には、専門コンサルタントが担当者となります。その担当コンサルタントに依頼したら、ぴったりの薬剤師の求人を探し出してくれるはずだと思います。
転職という大仕事を成功に導く可能性を膨らませるには、薬剤師の転職サイトをチェックすることを強く推奨します。
毎日忙しいので好きなように転職先をリサーチするなんて無理、というような薬剤師の方もご心配には及びません。薬剤師のサポートやバックアップをする相談役に見つけ出してもらうという手段がありますよ。